Mojo☆log+

~写真で綴るshyな「押入れの貴公子」+ちびニャンズ+徒然草~

長生きしようぜ! 

2014/05/06
Tue. 20:15

10歳になったMojoはシニア猫世代。
持病も5歳の時からあり、健康管理のみならずメンタル面でのきめ細かいケアももっと必要では?と思う今日この頃…。

相方は実家で猫と暮らしていたけど、私は猫(動物)との暮らしは全く初めてでした。保護をして育てて下さった方からMojoを相方が譲り受け、ある日突然、3ヶ月齢の子の親となったのでした。

書店巡りをして「猫の飼い方」の類の本を片っ端から見て コレだ!と思う一冊を選び、読み倒しつつ子育てが始まったのです。
やがて猫好きSNSに参加し、周りの先輩諸氏からのアドバイスや、かかりつけの獣医さんからのアドバイスに支えられ、今日までやってきておるのですが…。

シニア猫世代になり、持病も抱えていることだし、書店の猫本コーナーに行くと、シニア猫との暮らし云々の本が目につくのであります。

最近買ったのはこちら。


動物•野澤クリニック院長 野澤延行 氏の著書。
野澤先生と助手の左京さんとの会話が目の前で交わされ、まるで先生の診察室にいるような感じで読み進めます。
本によれば、ネコは年齢とともに知恵と学習能力を身に着ける動物で、とくに長寿ネコはその力が優れているそうで…
ネコの「間」—間合いの間でしょうか—
それに敬意を払い、共有することが大切だそうです…

興味を持たれた方は、書店で見かけたら手にとってご覧ください(^^)

猫好きな獣医さんが執筆されてるものは、育児書や医学書もそうだけど、猫への愛情が根底にあるから信頼できると思います。
Mojoと一緒に長生きしたいなぁ…と しみじみ思う一冊です。

…なんでもそうですよね。
車やモノ作りも、対象やユーザーのことを考えて作られたものなら根底に愛情があるから、良いものができるのでは。




10歳になって ちょっとシブい表情だけど大好きなおとーさんに抱っこされ、実は大音量で喉ゴーロゴロ鳴らしてます♪




にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村

ご来訪ありがとうございました


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-05