Mojo☆log+

~写真で綴るshyな「押入れの貴公子」+ちびニャンズとの日々~

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

[edit]

CM: --
TB: --

page top

タマ取物語 (前編) 

2014/11/27
Thu. 19:50


このところチビにゃんズに押され気味の我が家。その余波を受け、Mojoが高齢去勢に至った経緯を今日はお話しします。

2004年に譲渡していただき、我が家に迎え入れてから10年の長きにわたってひとりっ子だったMojo。
日課である毎晩のフミフミや大好きなおとーさんと過ごす静かな時間…Mojoの世界は、おとーさん中心に回っていました。問題行動は無く、ビビりだけど本当に穏やかで甘えん坊な子。そんなMojoと私たちは、これまで静か〜に暮らしてきました。

ところが、4年前の引越しを機に、時期的な波があるとはいえ、マーキングをするようになり…。そんなところへ保護したチビにゃんズとの同居は終わりなき喧騒の日々と化し、Mojoのマーキングも比例して増えてきたのでした…。
子猫たちが友好的に近寄って来ても、Mojoは「うぅ〜ん…(ヤだ、来ないでよぉ…)」と鳴いてシュッと逃げ去ったり。(子猫たちがいる為)入室禁止となった部屋や縁側のひなたぼっこスペースへ思うように行けなくなったことも繊細なMojoには、かなりストレスとなっていたのでしょうね…。

これまで(引越し前までは、去勢しなくても外にも出たがらず、マーキングも全く無かっただけに、この状況はMojoにとっても私達にとっても大変悩ましいところでした。

去勢手術という選択肢が俄かに現実味を帯びてきた訳ですが、高齢ゆえ、全身麻酔のリスクが高くなる恐れもあります。
去年レントゲンで心臓が肥大しているかもしれない(縮こまった姿勢での撮影だった為完全に写っておらず確定できない)と聞いていたので、セカンドオピニオンとして再度、きちんとレントゲンを撮りました。2方向から。
その結果、今度はちゃんと写っており肥大しているわけではないことがわかり、血液検査もして問題無ければ去勢手術をしましょうかという運びになったのです。

そして手術当日。直前に血液検査をしてもらいました。
その結果、肝機能低下を示す数値が高い結果が… 。


2014112719453085c.jpg

先生曰く、ALT高い数値ですが、手術に耐えられないということは、おそらくないと思われます(他の猫さんで同様にALT数値高くても不妊手術をした子がいた)が…どうされますか?とのこと。
一瞬 迷いましたが、手術をお願いしました。同意書を出され(高齢だし血液検査の結果も踏まえて 実はリスクかなり高いのでは…?)と また心配になりながらもサインしましたよ。
何事も起きないよう どうか無事に終了しますよう…願いを込めて。

–------------(後編へ続きます)----------

20141127194532231.jpg



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://avecmojo.blog53.fc2.com/tb.php/214-0a071d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。