Mojo☆log+

~写真で綴るshyな「押入れの貴公子」+ちびニャンズとの日々~

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

[edit]

CM: --
TB: --

page top

タマ取物語 (後編) 

2014/11/27
Thu. 19:57


迎えに行くまでの間、緊急連絡先として伝えた携帯電話を何度もチェックしながら待ちました。着信履歴に何も無いのを見るたびに安堵しながら。
でも もう次の瞬間、気掛かりでした…。早く迎えに行っておうちへ連れて帰りたい。心細く怖い思いでいっぱいだろうな…と思うと またメソメソしてしまう…。

相方も心配だったようで、仕事終えるから一緒に迎えに行こうと。
朝10時に預けて、16時以降に迎えに行くことになっており、当初は16時に私一人で迎えに行くつもりだったから、心強いといえば心強いのですが。迎えに行きMojoに会えたのは19時でした。
そこから 片道40分の道を帰り、やっと我が家に着きました…。

長い長い1日でした。
が、麻酔がまだ残っているだろうから今夜は様子を見なければ…。

その夜は食事も摂り、特に様子がおかしなこともなく、手術の後に10日分処方されたお薬を飲ませていましたが…手術後3日めからほぼ毎日、8日間に渡り、日に一度は吐いており再び受診して血液検査を受けました。
今度はHCT数値が正常値範囲内とはいえ、ギリギリ高いほう…。
もっと早く連れて来るようお叱りを受けましたが、吐いた後はケロッとして食欲もあり、グッタリすることなく動き回っているので つい油断してしまったのですね…(反省中)。
特に薬も無しで様子見ということになりました。
吐くのもピタッと止まり ひとまず去勢手術は、ここにきてようやく無事に終わった模様です。

手術してからは、自分から子猫たちにすり寄るほど許容範囲が広がったMojo。
そういえば マーキングもほぼ無くなり、夜、鳴いていたのも無くなり…
もっと早くに去勢しておけばよかったと 今更ながら思います。
いわゆる多頭飼いとなり、不妊手術は必須という状況に追い込まれての手術で、Mojoに負担をかけて申し訳ない…。
先生は麻酔は最も緩い程度になるよう特に注意を払って下さったそうです。(Mojoは)「暴れず鳴かず本当にじっとしていて、高齢なのに手術よく頑張りました」とお褒めの言葉を頂きましたが、私としては反省をするところも多々あり 、Mojoにはごめんね…としか言えず。


…以上が高齢で去勢したMojoのタマ取物語でございます。
(みゆぅの去勢手術は、6ヶ月過ぎるやササッと無事に済ませた次第であります。 )

20141127194534f76.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
ご来訪ありがとうございました
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。